予約をすること|男の宴会に欠かせぬスーパーコンパニオン!その呼び方について

予約をすること

土手にいる女性

「男だけの宴会」をより楽しく、より盛り上がるものにしてくれるピンクコンパニオンは、予約をすることによって呼ぶことができます。
たとえば宴会を実際に開催してしまってから、「お色気が足りねえな、そうだピンクコンパニオンでも呼ぶかい」ということで電話をしてすぐに呼べる、といったものではないのです。事前に予約をしたうえで利用するのが、ピンクコンパニオンの基本です。特に「男だけの宴会」が開催される機会が多い時期は、予約が必須です。年末年始、連休中、そして週末……宴会が開催されるとき、男たちが考えることはいつも一緒です。
というわけで、あらかじめ電話で予約をしておきましょう。

予約の際には、ピンクコンパニオンの容姿や年齢、性格などはある程度、好みを聞いてもらうことができます。
「おとなしい男ばかりの宴会だから賑やかな女の子をよこしてほしい」という場合は、その旨を業者に伝えましょう。もちろん「おっぱいが大きい子!」など、エッチ方面の希望もきちんと聞いてくれます。せっかくですから、確実に楽しむために言わないよりは言った方がいいでしょう。

ちなみに、ピンクコンパニオンの料金は「2時間20,000円」が相場となっています。2時間以上楽しみたい!という場合には延長料金を支払うことで楽しめるようになります。「宴会だけじゃなく混浴もしてみたいぜ……へへへ」という場合には、余計にお金を持っていくと良いでしょう。